Toshimaの家 I様

連日の投稿となります。そろそろ梅雨明けすると思いますが、今年は例年になく九州・熊本も大量の雨が降り、甚大な被害まで出てしまいました。まだこれからも復旧の道のりはかかります。熊本地震で培った『頑張るばい!熊本』で私達に何が出来るかを協力していきます。

本日は新しいプロジェクトのご紹介、I様の土地・建物のご契約でした。グループ会社アリストホーム(売主)にて

土地の重要事項説明書と不動産売買契約書の締結でした。

image1

重要事項とは、簡単に言うと土地の取扱説明書です。どんな用途に使える土地か?境界点は何処か?どれくらいの規模の家が建築できるか?などを説明紹介していきます。土地をご購入される際には、この説明をして、不動産売買契約を交わしていきます。

その後、建物工事請負契約を締結します。売買契約と請負契約の大きな違いは、分かりやすく言うと、売買契約は現状有姿のまま購入・請負契約は、工事を請け負う契約です。工事を請負いますので勿論現状で工事も施工できますが、両者承認の元、変更や交換なども可能です。最終的に変更工事契約書を再度交わしていきます。

緊張のあまり写真が少ないのですが

image0

しっかりとサイン頂きました。I様おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。

I様が選ばれたのはこんな土地です

0001 (2)

全区画南向きの3区画の分譲地です(宅地3)にてお話し進めます。

A+houseではマイホームのお手伝いと共に、土地探し迄行っています。お気軽にお問い合わせくださいませ。