国土交通省より

先週末は熊本市内も極端な天気でしたね!

土曜は滝のような雨☂日曜は灼熱の晴れ☀            皆様もコロナ対策と体調管理には十分気を付けましょう

さて、本日はおうちを建てると恩恵を受けるシリーズ

VOL.1住宅ローン減税について・・・

もう知ってますよ!と言われそうですが、もっと踏み込んだことをお伝えします。

所定の期間、金額をローンで購入の場合、本来10年間、所得税(一部住民税)から控除されるものですが

令和元年10月~令和2年12月までの入居者に対して、消費税10%への還元措置として、10年間終了から更に3年間延長され、合計13年間控除が受けられます(借入の1% or 建築費×2%÷3のいずれか低い方が適応されます)

いや、それも知ってますよ!!と言われそうですが、

実は、R2年12月はあと6ヶ月しかありません。建築期間は現在4.5ヶ月ほどいただいていますが、熊本市内・郊外含めて都市計画内であれば建築確認申請を取得していきます。確認を取得するということは、図面が決定している、その図面を作成、また図面や設備を考える時間が、造成完了の土地であっても約3ヶ月は費やします。そうなると、今月ももう終わりですぐ7月となります。7月にエープラスと請負契約しても、事前準備で約3ヶ月+建築4.5ヶ月7.5ヶ月・・・令和3年1月もしくは2月の引渡しとなりますので、上記対象外となってしまいます。。。

但し、今年の2月より新型コロナウイルス感染拡大の影響で、建築業界にもかなりの影響を受けたとして、国土交通省より発表がありました。

令和3年12月31日まで延長されます。勿論別、別途遅延した報告書が必要になります。さらに条件があります。上記添付にもありますが、

契約日の縛りがございます。この両方を満たす方が、対象となりますので、上記日付の契約で且つ、R3年12月末引渡しであれば対象です。お気を付けください。

住宅ローンを組まれると、返済することばかりでなく、恩恵が受けられる分は受けたいですね。

本日は、住宅ローン減税のお話でした。